.
■ 輸入イタリア料理書専門店 ■ イタリアの料理雑誌・料理書を日本語で読む ■
【イタリアの料理雑誌・料理書を日本語で解説】 ★日本語解説は只今2017年3/4月号発売中
カラブリアのスティーロという村の復活祭の行列です。
ドーナツクッションみたいなのを掲げた人々がいますが、
これは復活祭直前に教会で祝福されたありがたいパンです。
Stilo (RC), 1973, Processione del Sabato Santo, o del "Monumentu".
photo by Fiore Silvestro Barbato
復活祭はもちろんキリストが復活したことを記念する、キリスト教の重要な日。
パンはキリストの体の象徴だったりと、宗教的な意味がある食べ物。
この写真のパンをさしている葦の棒を、後で畑に入れて再生=豊かな収穫を祈ります。
詳しくはこちらのページで。



新着本new
グイド&グイド
guido&guido, i sapori delle Langhe
価格:\10,800(税込・送料込)
guido&guido
ピエモンテの名店、“グイド”の初代シェフ、グイドとリディア夫妻の料理書。
巨大な写真で詳細に料理とランゲ地方の名産品を紹介している。
伝統をモダンな解釈で再現したその料理は、世界中の人を魅了した美しさ。
リチェッタはシンプルで読みやすい。

再入荷new

ブログ関連お勧め書籍new

イタリアの料理書・料理雑誌を日本語で読む。
イタリアで出版された料理雑誌から、リチェッタを中心に日本人が興味を持つ話題をピックアップして翻訳し、分かりにくいことは解説を加えてクレアパッソが総力編集して小冊子にし、毎月発売しています。
まるごと1冊全部、イタリア発のイタリアの情報。それが『総合解説』!!
イタリア語やイタリア料理初心者の方にもわかりやすいように、を心がけて訳しています。
お手頃価格ですが、定期購読はもっとお得です。

2016年9/10月号

今月訳したのは3月号と4月号。
待ちに待った春が訪れました。
雑誌には一気に料理が溢れ出ています。
美味しそうな料理ばかりで、訳したリチェッタも目に見えて多くなりました。
特に子羊とソラマメは、この季節の主役。
パスタはタリアテッレ、地方料理は、タコのルチア風とパスティエラ。
ストリートフードも食べ歩きしたくなる季節の到来です。


新着書籍
メイド・イン・イタリーnew
Made in ITALY -sapori, ingredienti e ricette tipiche
価格:\7,600(税込・送料込)
made in italy.jpg(271246 byte)
ダヴィデ・オルダーニシェフが料理を担当した新世代のイタリア料理書。
クチーナ・ノン・レジョナーレのイタリア料理が口癖のシェフが、
世界中の人に向けて現代のイタリア料理を紹介する本。
州の境界はなくなっても、地方料理の伝統はイタリア料理の真髄として各地の食材に受け継がれている。
イタリア料理の未来の姿が見えてくる丁寧に作られた本。



イタリア料理アカデミー/スーゴとソース
i sughi e la salsa nella cucina della tradizione regionale
価格:\8,600(税込・送料込)
sughiesalse.jpg(271246 byte)
イタリア料理アカデミーならではの視点からイタリアの地方料理を解説した本。
スーゴはパスタやリゾットのソースのこと。イタリア料理ならではのものだ。
ソースと言えばフランス料理だが、イタリアにも独自の進化をしたソースがある。
イタリア料理の基本中の基本を詳細に解説している。



チェント・ラグー
100ragù d'autore
価格:\5,200(税込・送料込)
100ragu.jpg(271246 byte)
各地の地方料理のラグー、歴史的な音楽家のラグー、有名シェフのラグーなどを100点集めた本。
リチェッタにまつわるエピソードも豊富。
著名人に顔の広い著者が料理への情熱をかけて集めたリチェッタ集。
写真は少ない。



サポーリ・ディ・カラブリア
sapori odori colori di Calabria
価格:\6,800(税込・送料込)
saporidicalabria.jpg(271246 byte)
カラブリア料理の貴重な本。
著者はカラブリア料理書の第一人者。
カラブリアの有名レストランのリチェッタも収録。
写真は少ない。


再入荷本new

お勧め書籍

『cacciagione』 『Tradizione Gusto Passione 1』 『Tradizione Gusto Passione 2』
『カッチャジョーネ』 『トラディツィオーネ・グスト・パッシオーネ1』 『トラディツィオーネ・グスト・パッシオーネ2』
『newtondolcipiemonte』 『newtondolcinapoletani』 『newtondolcisicilia』
『ニュートン・ドルチ・ピエモンテ』 『ニュートン・ドルチ・ナポリ』 『ニュートン・ドルチ・シチリア』
lacucinasiciliana 『romaelazio』 『lacucinatoscana』 『venezialaguna』
グイド・トンマージシリーズ『シチリア』 『ローマ』 『トスカーナ』 『ヴェネチア』



新着書籍
cucinadinapoli.jpg"


『クチーナ・ディ・ナポリ』

La cucina di Napoli
出版社:Guido Tommasi Editore
2019年版、18×29p、263ページ
価格¥7,900(税込・送料込) 在庫あり 
グイド・トンマージの地方料理シリーズの新刊。
ナポリの庶民料理を地元に密着した写真で紹介した密度の濃い本。
ナポリの空気を感じながら、本物のナポリの味を感じることができる本。



newtondolcinapoletani.jpg"


『ニュートン・ドルチ・ナポレターニ』

I dolci napoletani in 300 ricette
出版社:Newton Compton
2018年版、17.5×23.5p、279ページ
価格¥3,000(税込・送料込) 在庫あり
ニュートン・ドルチェシリーズの本。
イタリアのドルチェをピエモンテ、ナポリ、シチリアに分類した同シリーズは、
シンプルなレストランのリチェッタを多数収録して、
イタリアのドルチェの本質に迫ろうとする本。


newton1000dipasta.jpg


『ニュートン・クチーナ・レジョナーレ・1000パスタ』

1000 ricette di pasta
出版社:Newton Compton
2017年版、17.5×23.5p、367ページ
価格¥3,000(税込・送料込) 在庫あり
写真は削ってコストを押えたお手軽本のパスタ版。
シンプルでも本格的なリチェッタを、とにかくたくさん収録している。
プロ御用達の本。
使いこなし方を覚えるとはまるニュートンシリーズの本。



pizzafritta.jpg


エンツォ・コッチャの『ピッツァ・フリッタ』

pizza fritta
出版社:Guido Tommaso Editore
2018年版、20×20p、71ページ
価格¥4,200(税込・送料込) 在庫あり
ピッツァのアンバサダーことエンツォ・コッチャの本。
小型で読みやすい“ピッコリ・スプンティーニ”シリーズ。
ピッツァはどこで誰が発明したのかは謎だが、
ピッツァ・フリッタはナポリの庶民の発明として知られている。
そんなナポリの自慢のストリートフードを、美しい写真で詳しく解説している。

osterie ditalia2017.jpg


スローフードの『オステリエ・ディ・イタリア2017』

ricette di Osterie d'Italia
出版社:Slow Food Editore
2017年版、16×22p、959ページ
価格¥6,800(税込・送料込) お取り寄せ(絶版本)
約千ページ、12000点のリチェッタを集めた大型本。
写真がないので大きさの割にはお手軽価格。
イタリア料理書の国民的ベストセラー、
アルトゥージやアンナ・ゴゼッティ・デッラ・サルダの本の
現代版を目指したスローフードの野心作。


pizza una grande tradizione italianan.jpg


『ピッツァ/グランデ・トラディツィオーネ・イタリアーナ』

pizza/una grande tradizione italiana
出版社:Slow Food Editore
2016年版、21×25p、352ページ
価格¥8,900(税込・送料込) お取り寄せ
スローフードのならではの専門的ピッツァの本。
ナポリとローマを初めとするイタリア各地のピッツァイオーロとピッツェリアを紹介。
ピッツァを世界で最も広まったイタリアの地方料理と分析した本。

pasta revolution.jpg


『パスタ・レボリューション』

Pasta Revolution, la pasta conquista l'alta cucina
出版社:GUNTI
2016年版、19.5×24.5p、159ページ
価格¥6,600(税込・送料込)  在庫あり
グランシェフ40人の最先端のパスタのリチェッタ集。
前半はパスタの歴史を斬新な切り口で解説。
写真も豊富。



pasta pasta viaggio in Italia.jpg


『パスタ・ヴィアッジョ・イン・イタリア』

Pasta viaggio in Italia in compagnia di grandi chef
出版社:AGRA
2005年版、22×29p、113ページ
価格¥8,700(税込・送料込)  お取寄よせ
デ・チェッコが企画したイタリアの20の州の
グランシェフ20人による乾麺のパスタの地方料理の本。
トップパスタメーカーとグランシェフの饗宴。



carni rosse.jpg(2448727 byte)


『カルニ・ロッセ』

CARNI ROSSE/trionfo di sapori
出版社:DeAGOSTNI
2014年版、20×26p、192ページ
価格¥4,800(税込・送料込)  お取り寄せ
牛肉料理を中心とした赤肉料理の本。
地方の伝統料理など、イタリア料理では少数派の牛肉料理を集めた本。
写真はやや少なめだが、リチェッタの数は豊富。



pugliaincucina.jpg(2448727 byte)


『プーリア・イン・クチーナ』

Puglia in cucina/The flavours of Apulia
出版社:SIME BOOKS
2016年版、20×24p、286ページ
価格¥8,500(税込・送料込)  お取り寄せ
新しい地方料理シリーズ、“イン・クチーナ”シリーズのプーリア版。
プーリアの生活の神髄に迫る興味深い写真満載。
イタリア語と英語の2か国語表記。



giorgione.jpgジョルジョーネ/オルト・エ・クチーナ』・・リチェッタの翻訳はこちら

iginiomassari.jpgシチリア/イジニオ・マッサーリ』・・リチェッタの翻訳はこちら

planeta1.jpgシチリア/クチーナ・ディ・カーザ・プラネータ』・・リチェッタの翻訳はこちら

OSTERIE 'ITALIEオステリエ・ディ・イタリア新版』・・リチェッタの翻訳はこちら

gentile.jpg(187476 byte)ジェンティーレ/ストーリア・ディ・ファブリカンティ・ディ・マッケローニ』・・リチェッタの翻訳はこちら


ロブスターのアニョロッティです。
ボストンのレストランの1品。
ピエモンテのコスティリオーレには、アニョロッティのクイーンと呼ばれた名人がいました。
Lobster agnolotti at Troquet
photo by Dale Cruse
有名店、グイドのオーナー夫人、リディアです。
リディアのアニョロッティは世界的に有名、と言うか、
リディアがアニョロッティを有名にしたと言えるかも知れません。
詳しくはこちらのページで。



レッコのフォカッチャです。ペスト・ジェノヴェーゼをかけたバージョン。
マルケにチーズのピッツァという名の、ピッツァには程遠いけど、
チーズが美味しいパンがあるのを知って思い出しました。
Focaccia di Recco
photo by James F Clay
チーズとパンは相性抜群ですよね。
マルケのチーズのピッツァはおろした硬質チーズ、レッコのフォカッチャは、柔らかくて水分の多いソフトチーズを食べる形に進化しました。
ロマーニャのピアディーナはハムとチーズを一緒にはさむタイプ。
詳しくはこちらのページで。



ピッツァ・マルゲリータです。
見慣れたピッツァ・ナポレターナとは、どこか違うような・・・。
丸くないですよね。
Bella Italia Queen Margherita Pizza Roma. Mozzarella & vine tomatoes on a Mediterranean sauce base of roast artichokes & peppers. Topped with fresh buffalo mozzarella & basil.
photo by James F Clay
丸くないけど見慣れたこの形。
そうです。ローマ風ピッツァです。
ローマじゃマルゲリータも長方形のカットピッツァなんですね。
詳しくはこちらのページで。



ナポリ近くのヴェズビオ山の姿です。
写真を撮ったのは、アマルフィ海岸にあるアジェロラという村。
この村のピエンノロ・トマトは火山性土壌なので美味しい、という話を聞いて、
アマルフィのそばのどこに火山があるのかと不思議に思っていました。
Volcano
photo by Pasquale Vitiello
山の上から北を見ると、確かにありましたね、特大のが。
アジェロラはナポリピッツァに使われるフィオルディラッテの産地として有名。
詳しくはこちらのページで。



ポルポ・アッラ・ルチャーナ、タコのルチア風のパスタです。
ルチアとはサンタ・ルチアのこと。
ナポリを代表する海辺の漁師地区で、タコ漁をする漁師たちが住んでいました。
Polpo alla Luciana
photo by ivana
タコはイタリア語ではポルポですが、イタリア人には言いにくいのか、ポリポなどの方言もよく耳にします。
ヴェネチア訛りだとフォルポになるらしいです。 詳しくはこちらのページで。



ナポリのサンタ・ルチア地区と卵城。
くもり空でちょっと寂しげですが、ナポリを訪れた世界中の観光客がやってくる場所です。
サンタ・ルチアは漁師の住む地区でしたが、今は観光名所。
暗くなったら、サンタ・ルチアを歌う流しの歌手たちで賑わうんだろうなあ。
Isla Santa Lucia con Castello dell'ovo
photo by JJ Merelo
ここで生まれた料理がナポリ名物、タコのサンタ・ルチア風。
詳しくはこちらのページで。



リグーリアの西の端、インペリア県のビーチリゾート、ポルト・マウリツィオの風景です。
リグーリアならではの、海と山の間の狭い平地に、家々がぎゅうぎゅうに詰まっています。
インペリアはリグーリアを代表するオリーブ、タッジャスカ栽培の中心地。
Porto Maurizio
photo by mauro
こんなにギュウギュウで、どこにオリーブ畑があるのか不思議です。
詳しくはこちらのページで。



写真の左下のサラダ、あなたなら、なんて呼びますか?
正解は、カプレーゼです。
今どきは、モッツァレッラがボッコンチーニでトマトがチェリートマトのカプレーゼが普通なのかも。
Julia's braised cabbage, sausages, Caprese salad, cucumber, bread
photo by Alpha
それに、一口サイズのミニモッツァレッラは、英語圏ではボッコンチーニで通じるんだ。
このサイズはアレンジが万能ですよね。
詳しくはこちらのページで。



イタリアンパセリによく似ていますが、コリアンダーです。
コリアンダーって、地中海の歴史の古い香草だそうです。
古代ローマ人も知っていました。
coriandolo
photo by Cristina Sanvito
イタリアでは、中国パセリとも呼びます。
イタリアより東南アジアのほうが人気があるそうです。 詳しくはこちらのページで。



スペインのアンダルシアの風景です。
どことなくアラブ風で、スペインのイスラム支配時代を感じさせます。
スペインは南伊を支配してイタリアの食文化にも大きな影響を与えました。
Alcazaba garden and walls, Almeria, Spain
photo by Matt Kieffer
でも、皮肉なことに、イスラムに支配される前はローマに支配されていました。
スペインに支配されたナポリには、アラブの影響を受けたスペイン料理が伝わりました。
詳しくはこちらのページで。



ラグーです。英語のミートソースという呼び方が広まりましたが、
魚や野菜のラグーもあります。
そんなラグーを100点集めて料理書を出版した人がいます。
Ragu
photo by Rocket Scientist
モデナの実業家一族の娘。
顔が広くて勉強家の彼女は、世界で一番古いラグーのパスタのレシピを再現したり、
イタリアで最初の料理書のラグーも再現しました。
詳しくはこちらのページで。



写真のバーニャ・カウダはピエモンテの農民料理を代表するソース。
フランス料理の影響を強く受けているピエモンテにしては珍しく、
バターではなくオリーブオイルが主役のソースです。
Questo ed il prossimo we bagna caoda a Monale. Che bonta
photo by Vittorio Zuccala
14世紀まで、ピエモンテでは、オリーブは平地でも山でも栽培されていました。
ところが、地域の気温が下がり、オリーブが育たなくなってしまいます。
オリーブの代わりに油を絞ったのがくるみ。
第二次世界大戦の食糧難時代は、ヘーゼルナッツからも油を絞りました。
詳しくはこちらのページで。



ナポリの東にあるシリニャーノという町のカラヴィータ一族の館です。
移民を 大量に出した町の一番の文化遺産。
カラヴィータ一族は、プリンチペ・ディ・シリニャーノと呼ばれる貴族でした。
Palazzo Caravita di Sirignano
photo by Armando Mancini
最後のプリンチペと呼ばれたのは、遊び人だったことで知られるお殿様。
20世紀の一番有名なナポリ人と言われる彼のために考え出されたズッキーニのパスタは、
移民によって世界中に広まりました。
詳しくはこちらのページで。



ナポリでは、生トマトのソースかそうでないトマトのソースかを区別します。
さすがはトマトの産地。
生トマトは夏限定のソースですが、そうでないトマトというのも面白い。
Piennolo Spuncillo Spugnillo
photo by Micaela & Massimo
その一つが写真の吊るして干したミニトマト、ピエンノロ。
詳しくはこちらのページで。



トマトソースよりこってりした赤いソースが絡んだこのパスタは、
ある意味、世界中の人がイメージするパスタではないでしょうか。
アマトリチャーナです。
Spagettoni al Rancetto
photo by Michele Ursino
グラニャーノのパスタ、カンパーニアのトマト、アルティジャナーレのグアンチャーレ、ペコリーノ・ロマーノが基本の材料。
シンプルなだけに食材の質の良さが出来を左右します。
詳しくはこちらのページで。



揚げピッツァの一種、パンツェロッティは人気のストリートフード。
アメリカでもプーリアからの移民が多い地区に広まりました。
元々は貧しい庶民の食べ物。
X13_9910
photo by Ken Owen
前日の食事の残りを具にした揚げピッツァでしたが、
チョコレートクリーム入りやキャベツ入りなど、バリエーションは無数にあります。
詳しくはこちらのページで。



古代ローマを侵略して一部がヴェルテッリーナの山の中に逃げ込んで住み着いたガリア人(ケルト人)。
彼らがミルクを保存するために造ったと言われているチーズが、下の写真のビット。
熟成は長くて10年かける特殊なチーズですが、
その製法を巡って、伝統を厳格に守る派と、現実的に守る派とに分裂しました。
Bitto osten inhandlas i Bormios grander
photo by Magnus
厳格に守る派は、自らに厳しい規定を課してビットを造っていますが、
はっきり言って時代に逆行するような試み。
でもその心意気は、スローフードを動かしました。
厳格に守るは派は、彼らの強力な後押しを受けて、ビットDOP管理組合から独立しました。
詳しくはこちらのページで。



イタリアのカフェのホットチョコレートは絵になりますねー。
200年前、新しいホットチョコレートを考案したミラノのカメリエーレが一財産築き、
その後、オペラのプロモーターとして世界的に大成功しました。
2010/01/06 at 23:07
photo by Stefano Maffei
チョコレートがもたらしたイタリアンドリーム。
詳しくはこちらのページで。



日曜日に、家族のためのごちそうを作っているおばあちゃん。
何年もずっと作り続けてたんだろうなあ。
アブルッツォのテラモの光景ですが、
Domenica dai nonni
photo by Gabriella
こうやってイタリアの家庭料理は温かい思い出とともに子どもたちに伝わっていくのだろうなあ。
詳しくはこちらのページで。



春になって、外で食事ができるくらい暖かくなると、サングリアの季節です。
このスペインのお酒は、世界中の人の心を掴みました。
イタリア人だって大好きです。
sangria
photo by Leslie
イタリア風サングリアは、イタリアのお酒で作ります。
リモンチェッロとモスカート・ダスティで作った
りんごと洋梨入りサングリア・ビアンカなんてどうでしょう。
詳しくはこちらのページで。



この写真は、アメリカのワシントン州の光景。
梨の絵の上に梨、nashiと書いてあります。
イギリスやアメリカ、フランスには梨から造る酒があります。
看板犬が出迎えてくれるここは梨の酒、ペリーの店。
Perry cider here is lovely, along with the orchard and garden. And, yes, the dogs. #urbantoislandcider #waciderweek @nwcider
photo by Jameson Fink
イタリアにも梨が伝わっています。
イタリアでも梨はナシという名前。
詳しくはこちらのページで。



このパスタは、プーリアの冬の代表的パスタ、チチェリ・エ・トリア。第一印象は、素朴。
最大の特徴は、揚げた麺が混ざっていること。
ciceri e tria
photo by tutincommon
パスタを揚げるという地方料理、他にありましたっけ。
しかもひよこ豆と炭水化物という興味深い組み合わせ。
詳しくはこちらのページで。



11月のトリノです。天気がいい日は、ジェラート食べながら散歩。
モコモコのセーターを着ているところを見ると、決して暖かくはなさそう。
でも楽しそうだなあ。冬に歩きながらジェラートを食べる時は、このくらいガブッとね。
buono il gelato !
photo by Barbara Durand
トリノはカフェ文化が花開いた街ですが、ジェラートの文化も花開きました。
チョコレートでコーティングされたジェラートにスティックを刺して歩きながら食べれるようにしたジェラートもトリノが発祥地。
詳しくはこちらのページで。



左からティジェッラ、ニョッコ・フリット、ピアディーナ。
モデナの名物は、生ハムによく合う粉物ばかり。
「難しく考えるな」という街のモットーと言い、モデナ人気質は、日本の西にあるあの大都市にそっくり。
Tigelle gnocco fritto  e piadine
photo by chefpercaso
モデナの名物粉物の一つ、ボルレンギはたっぷりの水で溶いた生地を鉄板でパリパリに焼いて、焼きながら食べます。
詳しくはこちらのページで。



モデナのモットーは「難しく考えないで生きていく」という意味のラテン語、“Avia pervia”。
街の名物、ポルティコ(柱廊)を歩けば、このモットーの意味を感じることができるとか。
16世紀末に、モデナは当時全盛期だったエステ家の首都となる。
同じ頃、アチェタイア・ジュスティがバルサミコ酢造りを始め、現在まで同じ一族が経営を続けている。
PC100736dnrt
photo by Paul Barker Hemings
ジュスティ一族は微生物も受け継いで守り続けてきた。
詳しくはこちらのページで。



アサリとズッキーニのパスタです。その上に炒めたパン粉が散らしてあるので、ぐっとシチリア風。
でも、この料理はロサンゼルスのイタリアンレストランのもの。
パン粉はシチリアの庶民料理のチーズのような存在ですが、
他の食材との組み合わせ方や盛り付け方で、繊細な料理にもなります。
Spaghetti with Clams at Sotto Restaurant
photo by Larry
作る人の感性が如実に出る料理で、使いこなすのは案外難しいかも。
詳しくはこちらのページで。



グリーンピースとにんじんのラビオロです。1個だからラビオリじゃなくてラビオロ。
かつてラビオロ・アペルトという料理が一世を風靡しました。
大きな四角い生地の間に具が挟まれていて、縁は閉じてありません。
spring pea yard egg raviolo carrot and brown butter
photo by T.Tseng
一番上の生地にはイタリアンパセリが透かし模様のレースのように美しく埋め込まれています。
この料理の考案者はグアルティエーロ・マルケージシェフ。
イタリア料理史に残る1品です。詳しくはこちらのページで。





更新情報
2019.3.25
 「総合解説」2017年1/2月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2019.2.19
 「総合解説」2016年11/12月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2019.1.22
 「総合解説」2016年9/10月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.12.18
 「総合解説」2016年8月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.11.13
 「総合解説」2016年7月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.10.16
 「総合解説」2016年6月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.9.10
 「総合解説」2016年5月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.8.29
 「新着書籍」を更新しました。
 『アッロスト&コー
----------------------------------------------------------------------
2018.8.15
 「総合解説」2016年4月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.8.1
 「新着書籍」を更新しました。
 『ピッツァ・フリッタ
----------------------------------------------------------------------
2018.7.25
 「新着書籍」を更新しました。
 スローフードの『オステリエ・ディ・イタリア2017
----------------------------------------------------------------------
2018.7.12
 「総合解説」2016年3月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.7.11
 「新着書籍」を更新しました。
 『トラットリア・イタリア
----------------------------------------------------------------------
2018.6.14
 「総合解説」2016年2月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.5.9
 「新着書籍」を更新しました。
 『ピッツァ/グランデ・トラディツィオーネ・イタリアーナ
----------------------------------------------------------------------
2018.5.15
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.5.14
 「総合解説」2016年1月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.5.9
 「新着書籍」を更新しました。
 『アマトリチャーナ
----------------------------------------------------------------------
2018.5.2
 「新着書籍」を更新しました。
 『カルニ・ロッセ
----------------------------------------------------------------------
2018.4.25
 「新着書籍」を更新しました。
 『プーリア・イン・クチーナ
----------------------------------------------------------------------
2018.4.15
 「新着書籍」を更新しました。
 『パスタ・レボリューション
----------------------------------------------------------------------
2018.4.14
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.4.13
 「総合解説」2015年12月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.3.12
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年11月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2018.1.24
 「新着書籍」を更新しました。
 『グランディ・リストランティ
----------------------------------------------------------------------
2018.1.16
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年9月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.12.09
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.12.08
 「総合解説」2015年8月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.11.10
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年7月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.10.25
 「新着書籍」を更新しました。
 『マニュアル・デル・バーマン
----------------------------------------------------------------------
2017.10.21
 「新着書籍」を更新しました。
 『1001スペチャリタ・デッラ・クチーナ・イタリアーナ
----------------------------------------------------------------------
2017.10.7
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年6月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.9.16
 「新着書籍」を更新しました。
 『ストーリア・ディ・ファブリカンティ・ディ・マッケローニ
----------------------------------------------------------------------
2017.9.13
 「新着書籍」を更新しました。
 『クチーナ・プリエーゼ・ディ・マーレ
----------------------------------------------------------------------
2017.9.12
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年5月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.8.16
 「新着書籍」を更新しました。
 『ドルチ・ナポレターニ
----------------------------------------------------------------------
2017.8.11
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年4月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.7.10
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年3月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.7.05
 「新着書籍」を更新しました。
 『クチーナ・ナポレターナ・ディ・マーレ
----------------------------------------------------------------------
2017.7.04
 「新着書籍」を更新しました。
 『J・C・Fのクチーナ・ナポレターナ
----------------------------------------------------------------------
2017.6.10
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」2015年2月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.5.11
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.5.10
 「総合解説」2015年1月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.5.09
 「新着書籍」を更新しました。
 『トスカーナの市場料理
----------------------------------------------------------------------
2017.5.02
 「新着書籍」を更新しました。
 『マンジャロッツォ
----------------------------------------------------------------------
2017.4.25
 「新着書籍」を更新しました。
 『イジニオ・マッサーリ
----------------------------------------------------------------------
2017.4.07
 「新着書籍」を更新しました。
 『ハリーズ・バー
----------------------------------------------------------------------
2017.3.23
 「総合解説」更新しました。
 「総合解説」13&14年12月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.3.07
 「新着書籍」を更新しました。
 『グランデ・クラシチ
----------------------------------------------------------------------
2017.2.14
 「新着書籍」を更新しました。
 『ルフィーノのトスカーナ
----------------------------------------------------------------------
2017.2.01
 「新着書籍」を更新しました。
 『クチーナ・ディ・ヴェネチア・エ・ラグーナ
----------------------------------------------------------------------
2017.1.15
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2017.1.14
 「総合解説」13&14年11月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.12.13
 「新着書籍」を更新しました。
 『シチリア/クチーナ・ディ・カーザ・プラネータ
----------------------------------------------------------------------
2016.12.12
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.12.12
 「総合解説」13&14年10月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.12.06
 「新着書籍」を更新しました。
 『クチーナ・ピエモンテーゼ・イン・ミッレ・リチェッテ
----------------------------------------------------------------------
2016.11.30
 「新着書籍」を更新しました。
 『クチーナ・レジョナーレ・ソフィー・ブレイムブリッジ
----------------------------------------------------------------------
2016.11.08
 「新着書籍」を更新しました。
 『フォルマッジ・フレスキ・ファッティ・イン・カーザ
----------------------------------------------------------------------
2016.11.01
 「新着書籍」を更新しました。
 『カルロ・カンビのミリオーリ・リチェッテ
----------------------------------------------------------------------
2016.10.24
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.10.24
 「総合解説」13&14年9月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.9.30
 「新着書籍」を更新しました。
 『セルヴァッジーナ
----------------------------------------------------------------------
2016.9.16
 「新着書籍」を更新しました。
 『アウトゥンノ
----------------------------------------------------------------------
2016.9.13
 「新着書籍」を更新しました。
 『ピエトロ・パリージ
----------------------------------------------------------------------
2016.9.9
 「新着書籍」を更新しました。
 『ロッショーリ
----------------------------------------------------------------------
2016.9.6
 「総合解説」更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.9.5
 「総合解説」13&14年8月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.8.9
 「新着書籍」を更新しました。
 『グリルマスター
 『ピッツェリエ・ディ・イタリア2016
 『リチェッテ・ディ・オステリエ・ディ・イタリア最新総合版
----------------------------------------------------------------------
2016.8.9
 「新着書籍」を更新しました。
 『 ラ・クチーナ・ヴェネタ・ディ・マーレ
----------------------------------------------------------------------
2016.7.20
 「総合解説」13&14年7月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.5.18
 「総合解説」13&14年6月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.3.12
 「総合解説」13&14年5月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2016.2.23
 「新着書籍」を更新しました。
 『 ジョルジョーネ:オルト・エ・クチーナ
----------------------------------------------------------------------
2016.2.3
 「総合解説」13&14年4月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.12.18
 「総合解説」13&14年3月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.11.24
 「新着書籍」を更新しました。
 『アルバ・ペゾーネのピッツァ
----------------------------------------------------------------------
2015.10.17
 「新着書籍」を更新しました。
 『スパゲッティ・アモーレ・ミオ
----------------------------------------------------------------------
2015.10.10
 「総合解説」13&14年2月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.9.29
 「新着書籍」を更新しました。
 『ピーノ・クッタイアのペル・レ・スカーレ・ディ・シチリア
----------------------------------------------------------------------
2015.8.25
 「新着書籍」を更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.8.06
 「総合解説」13&14年1月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.6.12
 「総合解説」2012年12月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.4.21
 「総合解説」2012年11月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.3.15
 『ストリート・フード・アッラ・イタリアーナ』入荷しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.3.06
 「総合解説」2012年10月号、定期購読分発送しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.2.26
 カルロ・クラッコの『ディーレ・ファーレ・ブラザーレ』入荷しました。
----------------------------------------------------------------------
2015.1.10
 総合解説」2012年9月号発売しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.12.03
 『ビッレ・ディ・イタリア2015』入荷しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.25
 「総合解説」2012年7月号発売しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.23
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ベドーニ・エジディオのパルマの生ハム  ガンベロ・ロッソがナンバー1に選んだパルマの生ハム。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.20
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 サン・ダニエーレの生ハム  サン・ダニエーレとパルマの生ハムの違いは。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.16
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ファビオ・バルバッリーニシェフ  アンテイカ・オステリーア・デル・ポンテの新シェフ。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.14
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 サルデーニャのカッソーラ  サルデーニャ版ズッパ・ディ・ペッシェ。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.09
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 フォカッチャとワイン  具をはさんだフォカッチャに組み合わせるワインは。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.06
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 アマルフィ海岸の料理  レモンの葉を使ったグリル、リコッタのニョッキ。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.02
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 自家製フレッシュチーズ  チーズをイタリアの伝統的な製法で手作りする。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.01
・ローマの人気ピッツァイオーロの本、『ガブリエーレ・ボンチのイル・ジョーコ・デッラ・ピッツァ』が再入荷しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.01
・“グランデ・クチーナ・レジョナーレ”シリーズの『リグーリア』、『ピエモンテ』、『ヴァッレ・ダオスタ』が再入荷しました。
今ならシリーズの全部の州がそろっています。
----------------------------------------------------------------------
2014.10.01
・ローマl料理のバイブル本、『ラ・クチーナ・ロマーナ・エ・デル・ラツィオ』が再入荷しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.29
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 フォルスト  アルト・アディジェの大手ビールメーカー。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.26
・「総合解説」2012年6月号発売しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.25
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カリアリ  サルデーニャ最大の都市、カリアリの紹介。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.18
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 モスカート・ディ・スカンツォ  DOCGの赤のパッシート。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.18
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 イタリアのパスタメーカーの前身  ピッツァの基本、その2。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.16
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ナポリ・ピッツァの水の話  ピッツァの基本、その2。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.11
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ナポリのピッツァの小麦粉  ピッツァの基本中の基本の部分を翻訳しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.08
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ヴェーラ・ピッツァ・ナポレターナ  ヴェーラ・ピッツァ・ナポレターニ協会の本の紹介。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.04
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 乳鉢のパスタソース  乳鉢で作るソースのバリエーション。
----------------------------------------------------------------------
2014.09.01
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 リヴィエラ・レヴァンテのパンソーティ  リグーリア東海岸発祥とも言われるラビオリの一種。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.28
・「総合解説」を更新しました。
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 サルトゥ・ディ・リーゾ  スペインから伝わった米を主役にフランス人料理人が作ったナポリ料理。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.25
・「総合解説」を更新しました。
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 スクリッペッレ  アブルッツォ風クレープ料理
----------------------------------------------------------------------
2014.08.21
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ヴインサント  手間と時間をかけて造られる“聖なるワイン”。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.18
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 リグーリアの塩漬けアンチョビ  海のないピエモンテ料理の材料としても知られる不思議な歴史のある食材。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.11
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 サンブーカ  実はサンブーコはあまり入っていないサンブーカ。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.11
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 サンブーコ  イタリア便り。サンブーコとの出会い。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.07
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 パスティエーラ  煮た小麦の粒入りのナポリの復活祭の名物タルトの伝説。
----------------------------------------------------------------------
2014.08.04
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 トルタ・カプレーゼとマリトッツィ  小麦粉が入らないチョコレートケーキと男性が女性に贈るホイツプクリームをたっぷりつめた甘いパン。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.31
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 イースターエッグ、ルーコラ  復活祭の代表的な食材。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.28
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 そら豆とグリーンピース  5月1日にはイタリア中で消費される季節の初もの食材。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.24
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 パスクエッタの子羊  イースターの翌日、天使の月曜日に食べるプーリア料理。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.22
・「総合解説」2012年4月号発売です。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.21
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 パスタ・マッタ  小麦の味が活きるイーストが入らないベーシックな生地。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.17
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 小麦の収穫  季節を迎えたイタリアの小麦の収穫。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.10
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ロディジャーノのラスパドゥーラ  ロ―ティー名物の硬質チーズの食べ方。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.10
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ヴェッキア・ローディ  ロンバルディアの有名陶器。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.07
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ローディ  在住者ならではの観光情報。
----------------------------------------------------------------------
2014.07.03
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 グラナ・パダーノのカルボナーラ  インターナショナル版カルボナーラ。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.30
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 クレーマとグラナ・パダーノ  クレモナのライバルのロンバルディアの町。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.26
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 アーモンドのコンフェッティ、ベスト10  『ガンベロ・ロッソ』が選ぶ美味しい店。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.23
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 上質コンフェッティの条件  美味しいコンフェッティを見分けるポイント。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.19
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 コンフェッティ  アーモンドを糖衣で包んだドルチェ。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.16
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 フレーグラのリチェッタ  イセエビやアサリのフレーグラなど、定番リチェッタ。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.12
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 コローナのフレーグラ  サルデーニャの有名レストランのシェフ特製のサルデーニャの伝統パスタ。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.09
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 イセエビのフレーゴラ  サルデーニャの名物料理。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.05
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ウニのパスタのリチェッタ  本からイタリア各地のリチェッタをピックアップ。
----------------------------------------------------------------------
2014.06.02
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 学年末  segnalibroさんのイタリア便り。
----------------------------------------------------------------------
2014.05.30
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ウニのパスタ  島のご馳走パスタ。
----------------------------------------------------------------------
2014.05.15
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カレーマとアドリアーノ・オリベッティ  イタリアのカリスマ企業家がバックアップしたネッビオーロの上質ワイン
----------------------------------------------------------------------
2014.05.12
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ファッロのリチェッタ  基本的なリチェッタを訳しました
----------------------------------------------------------------------
2014.05.10
・「新着書籍」を更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.05.09
・「総合解説」、「リチェッタ」・ダイジェスト」を更新しました。
----------------------------------------------------------------------
2014.05.08
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ファッロの歴史  3種類あるファッロの違い
----------------------------------------------------------------------
2014.05.05
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ファッロ・スペッツァート  栄養価に優れたビオ食材として注目度アップのスペルト小麦
----------------------------------------------------------------------
2014.05.01
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ガルファニャーナのファッロ  歴史の古い穀物
----------------------------------------------------------------------
2014.04.28
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ヴァル・ディ・ノンのペーイオ温泉  トレンティーノの温泉からイタリア便り
----------------------------------------------------------------------
2014.04.21
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 サクリパンティーナ  スポンジ生地とクリームを重ねたジェノヴァのドルチェ
----------------------------------------------------------------------
2014.04.21
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 スポンジ生地  2種類ある供立てスポンジ生地
----------------------------------------------------------------------
2014.04.17
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 パン・ディ・スパーニャとパータ・ジェノヴェーゼ  スポンジ生地の歴史
----------------------------------------------------------------------
2014.04.14
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ラディッキオ・ディ・トレヴィーゾの発明者は  謎に満ちた誕生の由来
----------------------------------------------------------------------
2014.04.10
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ヴィチェンツァのバカラ、カラブリアのストッコ  イタリア各地に広まった干ダラ料理
----------------------------------------------------------------------
2014.04.07
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 バーリとジェノヴァのフォカッチャの店  地元の人に人気の店
----------------------------------------------------------------------
2014.04.03
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 フォカッチャ・バレーゼ  IGPに認定されているプーリア名物
----------------------------------------------------------------------
2014.03.31
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 唐辛子好きのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ  イタリア最大の唐辛子メーカーのリチェッタ
----------------------------------------------------------------------
2014.03.27
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 レアーレとイマーゴ  一流シェフたちの挑戦
----------------------------------------------------------------------
2014.03.24
・新着書籍に『オステリーエ・ディ・イタリア』を追加しました
----------------------------------------------------------------------
2014.03.24
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ムスカリの球根  ランパッショーニを初めて食す時
----------------------------------------------------------------------
2014.03.20
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 シェフの料理教室  郊外のレストランを解放したゴージャスな料理教室がブーム
----------------------------------------------------------------------
2014.03.17
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 イタリアの黒豚たち  イベリコ豚にも負けない優れたサラミになるイタリア各地の豚
----------------------------------------------------------------------
2014.03.13
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ラルド  古代ローマから変わらない製法で受け継がれた食材
----------------------------------------------------------------------
2014.03.10
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カルロのポレンタ  カルロ・クラッコシェフが使うポレンタの粉は
----------------------------------------------------------------------
2014.03.06
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カンバーニアのポレンタ料理  カンバーニアにはフリット以外にも様々なポレンタ料理が
----------------------------------------------------------------------
2014.03.03
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ストーロのポレンタ粉  とうもろこしの粉が名物のトレント県の村
----------------------------------------------------------------------
2014.02.27
・定期購読ご利用者様向けキャンペーンセール開始です。3月2日まで。
----------------------------------------------------------------------
2014.02.27
・「総合解説」、「リチェッタ・ダイジェスト」2012年2月号販売開始です。
----------------------------------------------------------------------
2014.02.27
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カネデルリ  北イタリアの代表的な農民料理
----------------------------------------------------------------------
2014.02.24
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カーニバルのフリトレ  ヴェネトの代表的なカーニバルの揚げ菓子
----------------------------------------------------------------------
2014.02.20
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 クラプフェン、ボンボローニ  北イタリアのカーニバルの代表的な揚げ菓子
----------------------------------------------------------------------
2014.02.19
・『洋COOK BOOK FAIR in Tokyo』開催告知
 輸入料理書店共同のイベントです。  イタリア、フランス、アジアなど、世界の料理書フェア
----------------------------------------------------------------------
2014.02.17
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 イタリアの有名カーニバル  ヴェネチア、ヴィアレッジョ、ファーノのカーニバル
----------------------------------------------------------------------
2014.02.13
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 カーニバルとマルテディ・グラッソ  冬の終わりを告げるカーニバルの大切な日
----------------------------------------------------------------------
2014.02.10
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 コーニェ  ヴァッレ・ダオスタのウインターリゾート地
----------------------------------------------------------------------
2014.02.06
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ルーコラとルコリーノ  簡単に栽培できるるルーコラのリキュール
----------------------------------------------------------------------
2014.02.03
・ブログ「イタリア料理ほんやく三昧」
 ワインの計り売り  イタリア便りは計り売り初体験

2014年1月以前のブログは
prezzemolo-creapasso.blogspot.comよりご覧ください。