イタリアの料理雑誌を日本語で読む
Pietro Parisi.jpg

『ピエトロ・パリージ』
/クオーコ・コンタディーノ

PIETRO PARISI ; Un cuolo contadino, i volti della sua terra
著者:Pietro Parisi
出版社:Giunti
2014年版、23.5×29p、112ページ
価格\6,500(税込・送料込) 在庫あり
現在イタリアで最も注目されているシェフの一人。
マルケージやデュカスなどの一流料理人のもとでキャリアを積み、すでに高い名声を得ていたが、故郷カンパーニアへの思いが募り、5つ星ホテルに暮らす何不自由ない生活を捨ててベスビオ山の麓の故郷に戻った。
故郷では、高齢の祖父母が畑を耕して暮らしていた。近所の農家はみな友人だ。
ピエトロはこの地で、部屋の真ん中にある大きなテーブルに家族全員が揃って料理を食べる幸せを感じて育った。
料理への情熱は、祖母の料理によって芽生えた。
故郷に戻り、自らを“農民料理人/クオーコ・コンタディーノ”と名乗った彼は、故郷の伝統の食材と食文化を高めることに全身全霊で取り組んでいる。
2005年オープンの彼の店、エーラ・オーラはリストランテながら、水牛のモッツァレッラのホエイを使って生地を発酵させることを考案してピッツァも焼いている。 モッツァレッラの作り手とも30年来の付き合いがある。
彼のピッツァは、ガンベロ・ロッソの『ピッツェリア・ディ・イタリア』では最高ランクのトレ・スピッキを獲得している。
食材の作り手と料理の作り手が限りなく同一化した、ある種の、料理人の理想の姿を実現した彼の、強烈で熱い哲学に満ちた本。

roscioli1.jpg
注文する→「ご購入方法」へ進みます
今すぐ購入